<< ドレスデンの歴史 国語力 >>

ドイツの本事情

f0236873_8261989.jpg上野の国際子ども図書館での講演会 「いま、ドイツの子どもの本は?」 に行ってきました。
第一部は、ドイツの児童文学史(酒寄進一先生)。第二部は、先月ドイツで開催された国際ブックフェアの報告もまじえた、出版現場のお話でした(那須田淳先生)。

文学史の話題ではドイツならではのテーマとして「ナチ時代文学」が取りあげられ、そこで一番最初に登場したのが『アンネの日記』でした。スタートがこの本なのは、ドイツにはじめてユダヤ人迫害を意識させ、その後の”戦争の描き方”を変えた作品だからです。西ドイツでは終戦から4年後の1949年に、東ドイツでは15年もたった1960年に出版されました。

年代順に時代背景とあわせていくつかの作品が紹介されたのですが、こうみていくと、ドイツも過去の戦争を受け入れられるようになるまでに、長い年月が必要だったことがよくわかります。

「アンネの日記」は(読者を意識していない)日記なのに「文学」なのか?
なんて質問があって、いままで疑問に思ったこともなかったので、おもしろいなあと思いました。


現在のドイツの出版事情で へえ と思ったのは、ドイツが翻訳天国だということでした。国内最大の文学賞が翻訳ものも対象になっているくらい。その背景として、酒寄さんは、戦後ドイツにうまれた思想もきっと関係しているとおっしゃっていました。
「言葉でわかりあえない限り、本当の理解はない」
翻訳のための費用70%は国が補助し、マイナーな国の本であっても、文化の紹介という目的で出版されていたりするそうです。
[PR]
by iftuhsimsim | 2011-04-24 09:08 | lecture
<< ドレスデンの歴史 国語力 >>