<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

考えて考えて考える

『これからの正義の話をしよう』
f0236873_14351717.jpg前回は偉大な歴史家ミシュレについてでしたが、彼の著作は「これが歴史叙述か」と賛否両論でした。今回は「何が正しいのか」を考える本です。ミシュレの著作をちびちび読んでいたところ、ちょっと横道それてこの本を手にとるやあっという間に読んでしまいました。

昨年、日本でとても話題になった著者です。
ハーバード大学で政治哲学を教える名物教授で、講義がそのままNHKで放送されたのを私も何度か見ました。
本も講義と似た雰囲気です。

1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を殺すべきか?

こういう問題を「たとえば電車に乗っていたとして・・・」とごくごく日常の中の状況にたとえて考えさせていきます。自分だったらどうするか、とりあえず考えたとします。
ところが状況設定が少しずつ変わっていくと、さっきは「1人を犠牲にする」側だったのに、今度は「5人を犠牲にする」側になってしまう。
この本は意見や立場を分析し、根拠をさぐります。
そして人が考える「正義」が、いかに主観的かということを教えてくれます。


究極の選択の答えは、その人の生き方の指針にも、また追いつめられたときにでてくる本性にもなりうるから、自分だったらどうするか、なぜそうするか、何が大切か、時々じっくり考えてみたりしないといけないな、と思ってしまいました。
[PR]
by iftuhsimsim | 2011-02-22 01:25 | 渡り鳥の読書

おさるのジョージ

Curious George
f0236873_1253251.jpg
何でも知りたがりなせいで騒ぎが起こり、ジョージの周りはいつもにぎやかです。
そして何をやらかそうが、いつも愛くるしい。

ジョージ・シリーズはたくさん出ていますが、いわゆるオリジナルと呼ばれているのは7冊です。そして栄えある第一作目がこの“Curious George”。

森でジョージをみつけた人間が町につれ帰り、ジョージは町をうろちょろしているうち動物園にたどりつく。最後に、動物園はジョージが暮らすのに最高の場所!といっておしまいです。
最後のページをめくるまでは楽しんでいたのですが、このストーリー展開になんだか違和感を感じてしまうのはわたしだけ?? 動物園は好きだけど、「最高の場所」はやはり森ではなかろうか。

英語では朗読CDが販売されていて、楽しげな雰囲気の録音が気に入っています。
[PR]
by iftuhsimsim | 2011-02-19 01:32 | 児童書

エジプトの行方

f0236873_0303162.jpg以前のタハリール広場。ニュースで流れている今の光景が不思議に思えてしまう自分がいます。

ここ1週間、アルジャジーラやNYTimesなどのウェブ版、エジプトに滞在中の日本人からのレポートをいろいろと毎日チェックしていました。とくにツイッターの威力には驚いています。TVや新聞の報道だけでは見えてこないもののあまりに多いことか。

カイロやアレクサンドリアなど北部のいくつかの地域では激しく衝突した一方、南部のルクソールなどはわりと穏やかで地域によって温度差があるようです。

デモが始まって1週間以上が経過しましたが、正直エジプトの人たちがここまで徹底して抗議にでるとは思っていませんでした。可能性を信じたとき、人の思いはこんなにも凄い力を生みだすのかと圧倒されています。

今年にはいって、歴史がらみのとくにフランス革命のことに触れた本を読みだし「民衆」のことを考えていたので不思議なめぐり合わせを感じます。フランス革命は声なきものたちに声が与えられた革命です。とうとうエジプトにも来たか、と思いました。

エジプトでは平日の日曜日、少しずつ落ち着きを取り戻した感がありホッとした部分もありますが、今後どうなっていくのか、問題や不安は尽きません。まだまだしばらく見守っていきたいです。
[PR]
by iftuhsimsim | 2011-02-07 01:05 | その他