<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

素朴で壮大な...

『フィレンツェ田舎生活便り 小さな村の春・夏・秋・冬』
f0236873_2133448.jpg年の瀬。渡り鳥読書から逸れますが本の話題です。
とくべつ大掃除をすることもなく、でも少しだけ整理をしながら、新しい年の暮らしに思いを馳せているうち読みたくなった本です。

イタリア・フィレンツェで山暮らしをされているchihoさんのエッセイです。住んでいる村やご家族の紹介にはじまり、chihoさん一家をとりまく日常が綴られています。

家作りや畑作りの話、
毎年やってくるカーニバルやクリスマス、
プーリアでの夏休暇のこと、
村や小学校の様子、GASという食品共同購入のシステムなど社会のこと。

ちょっと散歩に出ればさまざま山の恵みに出会い、なんでも工夫して楽しんだり対処してのける自然のなかでの暮らしは、リンドグレーン原作の映画を思い浮かべてしまいます。

私が気に入っているのは、文房具屋のカティアおばさんのお話。それから家のなかに水の通り道を作ってあげたお話です。

同タイトルのchihoさんのブログをみつけたのはちょうど2年前でした。
仕事から帰ってぐったりな夜、いつも彼女のブログを覗いては心が丸くなってホッとしていたことを思い出します。

暮らしとは、ただあるのではなく、自分で作り上げていくものだということ、
もっというと、ふだんの自分の心の持ち方・考え方がはっきりと生活に反映されることを意識させてくれたのが彼女の文章でした。

日々培ったものが暮らしとなって(形があるのかないのかわかりませんが)現れる。
それは私としてはかなりワクワクすることです。


この本に綴られていない、とびきりなエピソードがまだまだたくさんあります。
フィレンツェ田舎生活便り2
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-12-30 21:59 |

アートミステリー

『フェルメールの暗号』
f0236873_9173843.jpg前回は美術研究家の謎に迫るノンフィクションでした。今回は美術史を学んだ著者が書いた、絵画をめぐるフィクションです。

主人公はシカゴ大学付属学校に通うちょっと変わった少年コールダーと少女ペトラ。子どもたちはみんな担任のハッセー先生が大好きです。むかしの偉い人が言った言葉を覚えさせるなんてことは絶対しなくて、そういう言葉を体験したり考えたりさせるような授業をしてくれるからです。

ある日、こんな宿題が出されました。家にあるアート作品をことばで説明してきてください。子どもたちは、物とアートの違いを考えることになります。そして最終的には、芸術とは何かという問いにたどり着くのです。

ちなみにこのとき出てきた言葉はピカソの言葉。「芸術とは、嘘を教えてくれる真実である」


この本は子供向けの謎解き小説で、ストーリー展開もテンポ良く、ぐいぐい読みすすめてしまいますが、論理的な推理とは言いがたい面が確かにあります。“運よく”“偶然”にもいろいろな物事にめぐりあったり、解決策がやってきたりします。それに、これまでの常識を覆すような出来事もたくさん。

なのにつまらなくないのは、そんなありえないような出来事とどう向き合うべきか、という点がこの本の重要なメッセージでもあるからです。

2人の冒険の支えとなる人物にチャールズ・フォートがいました。超常現象研究の先駆者で、実在の人物です。彼は27年かけて図書館にある古い新聞記事をしらべ、説明のつかない出来事を残らず書き写し、それを元に『見よ!』という本を出版します。ペトラはその本を偶然手に入れたのです。


たいていの人は自分の身のまわりで起こったことを、理解できる出来事にねじまげ、いいように解釈する。
冷静に物事を見ろ、というチャールズ・フォートの言葉を2人は何度も思い出します。


見方次第で、絵の見え方はどれだけでも変わっていくことを、2人の目を通して感じることができます。
もちろん世界の見え方も。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-12-20 09:09 | 渡り鳥の読書

冬の日

数日前から、空気ががらりと変わり、つめたく鋭くなりました。体のしんまで冷えてくるよう。
ようやく我が家もこの冬はじめて暖房をつけました。でもまだ夜だけ。

部屋の日当たりがよくて恵まれているせいもありますが、まだ大丈夫と思えるときはそのままの気温で過ごすようにしています。空気のうつり変わりや自然の時間を感じながら生活するって、都心に毎日仕事にかよっていると難しいですが、せめて自宅にいる間だけでも。いろいろ工夫したり考えたりするのも、やり始めるとおもしろくなってきます。



最近バタバタしていて、気づくと本の話題から遠ざかっていました。
ひさしぶりに、一息つけるような読書をしました。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-12-18 13:37

バウィーティ村

f0236873_893253.jpg午前中に砂漠キャンプから村に戻ると、ひとまずジョンミンとホテルに向いました。荷物をおいたら、この村を散策です。

道はどこもかしこもほとんど土(砂?)の道。塀などは崩れかけたまま、気にせず住んでいるように見えます。決してきれいな村ではありませんが、人はやさしくフレンドリーで、私はこの村すきだなあと思いました。

キャンプで一緒だったNYのカップルにもう一泊するというと、ひどく驚かれました。「なんで? 何があるの?」
よほど不思議だったのか、最後の最後まで「本当に泊まっていくの?」と聞かれていました。


f0236873_18572510.jpg道を歩いていたら突然あらわれたおじいさん。大きなバックからなつめやしを取りだしてわけてくれ、食べ方を実演すると去っていきました。

とりあえず味見しようとちぎってみると、
中から幼虫が...! 



f0236873_196355.jpgこの村の子どもたちはとても人懐っこくて、こちらから手を振ったり話しかけたりすると、かわいい笑顔で応えてくれます。

少年の後方で水が流れているのは温泉です。村の人がここでお風呂に入っていました。
なんと旅行客のアルゼンチン人の老夫婦も一緒に。私もそれなりの服装を持ってくればよかった。


f0236873_19202078.jpg




15時ころになって、車で夕日を見に近くの砂漠へ連れて行ってもらいました。
ところがとんでもなく古いトヨタ車で、なんども止まってしまいます。結局、夕日スポットにたどりつく前に夕暮れがきてしまいました。

運転してくれたサミールは車の調子がいいとめちゃくちゃにとばして本人も大はしゃぎですが、調子が悪くなるとものすごくテンションが下がります。ずっとその繰り返しで、このドライブそのものが楽しかったです。


f0236873_19372148.jpg砂漠ロードの真ん中で修理中。


最後にこの車はエンジンが炎をあげて燃え、全員大慌てで飛び降りました。映画みたいでした。



この砂漠旅行の3日間、
数えあげたらきりがないくらいハプニング続きだったけれど、元気で無事だったので、すべてよい思い出です。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-12-06 08:10 | エジプト2010

キャンプ

f0236873_132321.jpg砂漠には舗装された一本道がどこまでも続いています。そんな砂漠ロードをつかって黒砂漠をとおり抜け、白砂漠で夕日を見て、いつしか気づくと砂の上の道なき道を走っていました。

そして今日の寝床に到着。

砂漠キャンプは、今回の旅の一番の目的でした。キャンプ地に到着するとガイドさんが砂よけのために布をはります。ロープと棒と石と砂を使って上手に立てかけていきました。

町ではふだんレストランをやっているというガイドのコーカさんが薪で火をおこし、夕食の準備を黙々と進めている間に、周囲はどんどん闇につつまれ、星が輝き始めてきました。

砂、火、月、星... 目に見えるものは単純ですが、張りつめるような澄んだ冷たい空気、焚き火のやわらかい暖かさ、耳鳴りがしそうなほどの静けさ、自分がいろいろなものを感じとっているのがよくわかります。

古代の人たちが作り出した神話の世界がすぐ手の届くところにあるかのよう。




寝ている間、空気に触れている顔だけが異常に冷たくなって、ときどき目がさめたのですが、ちょうど眠っている間にキツネやラクダが近くを歩いていたようです。
朝起きると、あしあとだけが残されていました。見たかった・・・。


f0236873_1321341.jpgジープの止まっている場所がキャンプした場所。別のグループがどこにいるのかわからないくらいに場所がうまく設定されています。


このポツンとした感じがいい。

明け方がまたきれい。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-12-03 01:04 | エジプト2010

バフレイヤオアシスへ

f0236873_2452234.jpgカイロからバスで5時間、ここは砂漠のなかにあるオアシスの村バウィーティです。

砂漠でキャンプするというツアーに参加すべくやってきました。

砂漠ではジープを使うので、ツアーは3~8人+ドライバー兼ガイドが1人という人数設定になっているようです。当然、グループの人数が多いほど1人の支払う値段は安くなります。

カイロでツアーを探すつもりでしたが、1人だった私はなかなかうまく見つけることができませんでした。金額のことやスケジュールのことで不明瞭なことがいくつもあり・・・

結局、拠点となるこの村まで来て、ツアーを探す計画に変更しました。なければこの村をブラブラして帰ってきてもいいし。実は遺跡や博物館など考古学的におもしろいものがいくつもあって、考古庁まである場所なのです。


カイロからバフレイヤ行きのバスは朝の7時と8時の2便。外国人客はたいてい8時のバスにのるので、8時のバスが到着してからツアー開始になります。私はこの日の予定を考えなくてはいけないので、7時のバスに乗り込みました。

バスを待っているとき、アジア人の女の子がふっと隣にきたので、「このバスに乗るんですか?」と日本語で聞くと、Sorry, I'm Korean と返事が。この旅のパートナー、ジョンミンとの出会いです。
彼女は現在ドイツに住む大学生。バスでの移動中にお互いの話をし、すぐに仲良くなりました。


町に到着すると、あっという間にツアーやホテルのよびこみに囲まれます。私はできればジョンミンと同じツアーに参加したいと思いましたが、高額をつきつけられかなり言い合いました。


f0236873_18445737.jpg280ポンド(約4000円)安くしてもらい、もう仕方ないと思えるところにまではなったので手をうちました。

メンバーは私たちとNYから来た若い夫婦の、合計4人。

じつは私のまえにNYのカップルも料金のことで相当もめていました。あまり幸先のいい始まり方ではありませんでしたが、車に乗り込んで走り出すと、とにかく旅を楽しもうという雰囲気になり、みんな気持ちのいい人ばかりでメンバーにはとても恵まれていたと思います。

出発です!
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-12-02 02:46 | エジプト2010