<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

町を書いた作家

『図説 永井荷風』
f0236873_15301072.jpg浅草にゆかりある作家に永井荷風がいます。前回の林芙美子同様、歩いて散策するのが好きな人でした。

荷風の歩き方には特徴があります。
東京を山の手と下町とにわけ、対照的に見ていたようです。良家に生まれた山の手出身の荷風は、しかし下町に心惹かれます。
奥へ、はずれへ、中心から離れた場所を求めました。誰も気にもとめないような寂しい風景に美を見ました。

この本には荷風の独特な町(文化)の見方が、どのようにして培われたか詳しく説明されています。

一番の基本的な下地は、両親の影響でした。ヨーロッパ赴任で新しい思想を身につけた東洋趣味の父と、江戸文化に親しみながら熱心なクリスチャンであった母。合理的な西洋思想を獲得しながら、文化や芸術を肌で理解していったのです。


そしてアメリカからフランスへと5年にわたる遊学。渡航を切望したフランスで荷風が目にしたものは、彼の視点を大きく変えました。フランスの町にあったものは「新しさ」ではなく、「昔臭さ」だったのです。
他の日本人たちとは違い、アメリカ経由のため、アメリカ人の目でフランスを見たからだと言われています。

帰国後、表面的な近代化を推し進める日本に否定的で、江戸趣味に入れ込んでいきます。
荷風の視点が彼の小説にどう反映されているかも本書には説明があり、これから読んでみたい本が何冊もありました。
名声を失いかけた浅草通いなどがクローズアップされがちですが、深く知れば知るほど味のある面白い人物だと思えてきます。



以前住んでいた家の近くに、浄閑寺というお寺がありました。通称なげこみ寺。1855年の大地震、関東大震災、東京大空襲のときなど、吉原の多くの遊女たちが葬られたことから名づけられました。荷風もたびたび訪れたようです。
歩いていたら偶然行き当たり、そっと境内に入ってみたことがあります。荷風の『震災』という詩が刻まれた石碑が建っていました。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-08-28 16:16 | 渡り鳥の読書

美術館の舞台裏・・・

f0236873_1644577.jpg映画『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』を観てきました。

2004年に始まった大規模な改築工事は、2008年に完成するはずが、2010年いまだ工事中。

当初は計画がとんとん拍子に進んでいるかのようでした。建築構想を練る様子や、展示内容についての議論の様子まで映されていて、興味深かったです。

絵を選ぶシーンでは、倉庫に眠る膨大なコレクションの中から日の目を見る絵、見ない絵の明暗の行方にひとりで緊張してしまいました。とくに落選してしまった絵、つぎに目をかけられるのはいつのことか。芸術作品がもつ時間の長さにめまいがしてきそうです。
またテーマにそった内容の絵であっても、傷みがあれば修復可能かどうかが重要な選考要素になり、それが少し新鮮でした。

こうした光景を知ると、展覧会の目玉になりうる絵というのが、本当に一握りの傑作なのだとわかります。



しかし美術館側がいざ計画を発表するや、市民団体の猛反発にあいます。計画は二転三転しますが、結局互いの主張が歩み寄ることはなく、やがて工事自体が中断に。


そんな騒動のさなか、美術館が2年越しで日本から金剛武士像を、阿吽セットで購入していた事実に一番驚きました。
コミカルな映画の宣伝に対して、ちょっと笑えないんじゃ・・・と思いながら映画を観ていましたが、家に帰って思い返してみると、ちょっと笑えてきます。
f0236873_17463183.jpg
この大騒動の発端人のひとり、館長さんはかなり批判を浴びましたが、新しいものを創りたいとする彼の言い分もわかる気がします。美術館は絵さえ観れればいいのでしょうか。どうあるべきなのでしょうか。
この映画は、誰をも悪者として描いていないのが良かったと思います。

私はオランダに行ったことがなく、今後も特に予定はなかったのですが、この美術館が再オープンされたあかつきには、ぜひ行こうと思いました。
映画は、「2013年まで閉館」が決定したところで終わっていましたが、この行方はいかに。





映画館でオランダビールをもらいました。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-08-22 17:51 | 映画

借り暮らし

『The Borrowers』
f0236873_847231.jpg先日、ジブリの映画「借り暮らしのアリエッティ」を観てきました。こちらがメアリー・ノートン著の原作です。

読んでから映画を観るつもりが、読み終わらず、映画後も読みつづけていました。

あらすじは割愛しますが、映画と原作のいずれもでハッとさせられた場面は、少年が小人のアリエッティに残酷な言葉を言い放つシーン。

希少な生き物に対して、友情関係を築く子ども。
排除しようという目的や好奇心だけで近づく大人。

小人一族の運命を、大人ではなく少年が語ったことで、ぐっと緊張感が増しました。

子どもだって意地悪な気持ちになることはあるし、ときに残酷です。でも少年は善でも悪でもない、真っ白な状態にある感じがしました。これを純粋というのでしょうか。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-08-12 08:54 |

下町、初恋

『浅草ぐらし』
f0236873_15241724.jpg前回につづけて林芙美子の本です。佐野繁次郎氏による装幀です。以前ご紹介した『佐野繁次郎装幀集成』に載っていました。「装幀集成」で気になる本はいくつかありましたが、一番読みたいと思ったのがこの『浅草ぐらし』でした。

なんて洒落た本なのだろう。まず目をひいたのは装幀でした。つぎに私自身が以前、浅草周辺に住んでいたこともあり、林芙美子も同じ界隈に暮らしていたのかと思って興味が湧きました。

そう、私はこの本をエッセイだと思っていたのです。
ほんとうは短編小説でした。

17歳の田鶴は浅草のレヴュー小屋の踊子をしています。小学校以来の友人、千代と暮らしていて、将来のことを考えたり好きな人の話をしたりするシーンはいつの時代にもよくある光景だと思う一方、17歳でこの初々しさは...と驚く場面もあったり。


田鶴は職場で知り合った男性に初めて恋をするのですが、相手が既婚だということは後から知るのです。
大人ではないけれどもう子どもでもない年頃の、はやる気持ちと、たくさんの知らないこと。
言葉にできないもやもやを抱えてつづけてなお相手をまっすぐ想う姿が印象的でした。


f0236873_16391176.jpg左が表紙です。横たわる女性のデッサン画と手書きのフランス語。シンプルでありながら際立っていました(この写真はとてもいまいちですが)。
f0236873_1648171.jpg
ちなみに一番上の写真は中表紙です。

右は裏表紙。これらが1冊の本になったとき・・・
きっとかっこいいに違いない。



(“違いない”というのは、実のところ実物の本を入手できず、マイクロフィルムで読んだのです。いつかこの本に出合えるといいなあ。)
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-08-11 16:33 | 渡り鳥の読書

歩く人

『下駄で歩いた巴里』
f0236873_1345774.jpg前回の佐野繁次郎さんが装丁をよく手がけられていた作家のひとりに、林芙美子がいました。
林芙美子の名前は知っていたものの、著作はいまだ読んだことがなく、いくつか気になっていた作品を読んでみることにしました。

本書は林芙美子の紀行集です。中国にはじまり、シベリア、パリ、ロンドン。それから北海道、京都、奈良、大阪、東京のことが書かれています。大自然のシベリアは列車、北海道は車でしたが、街は歩き回るのが芙美子流です。歩いてその街特有の匂いを感じとるのです。


表題作のエッセイ『下駄で歩いた巴里』はタイトルがいいなあと思っていて、前々から読みたかった作品です。ただそれだけ。

シベリア経由でパリに到着し、パリでの第一週目のことから始まります。
初めの一週間はめちゃっくちゃに眠ってしまいました。
思いがけずパリの街は眠るのに適した薄暗さだったようですが、本当のところ、眠ったふりをして今後のことを考えていたのだそうです。

そして2週目、めっちゃくちゃに街を歩きます。
歩いている事が、いまの私に一番幸福らしい。
買い物に行くのに、塗下駄でポクポク歩きますので、皆もう私を知っていてくれます。


食料品のこと、映画を観たときのこと、家の様子、街の様子。パリでの暮らしが綴られていますが、一番印象に残るのは、林芙美子の軽やかな足取りと好奇心。そしておそらくポジティブでさっぱりした人なのだろうなと思わせる人柄でした。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-08-08 18:03 | 渡り鳥の読書

ニキ美術館

f0236873_8543863.jpg彫刻家ニキ・ド・サンファルの作品を集めた美術館が那須にあります。
実は昨年に閉館したのですが、多くの要望の声により、現在7月8月限定で再オープンされています。
いつか行こう行こうと思いながら、なかなか行動できずにいて、気づけばこの美術館の存在を知ってから7年もの時が経っていました。

朝、期待いっぱいで出発し、でもどこかで期待を裏切られることを恐れながらついた先は想像以上に素晴らしかったです。
休日でしたがそれほど人は多くなく、ゆっくりとニキと対面できました。


f0236873_06249.jpg
ニキ・ド・サンファル(1930-2002)はフランス人の母とアメリカ人の父のもと、パリに生まれ、アメリカで育ちます。厳格なクリスチャン教育の環境のなかで、自分の疑問や感情をそのまま口に出してしまう彼女は子ども時代から周囲との確執を抱えていました。23歳で神経衰弱におちいり、絵を描くことに回復の手段を見出します。

世界のアート界に衝撃を与えた<射撃絵画>の破壊的なパワー、妊娠した友人からインスピレーションを受けて誕生した<女神ナナ>の生命のパワー、そのほかのどの絵画もオブジェも文字も言葉も力を宿していて、知らないうちにエネルギーをわけてもらったのか、自分が元気になっていくのを感じました。
そして2日たったいまもまだ、ニキの魔力にとりつかれてしまっています。


f0236873_15764.jpgf0236873_264645.jpg
門から入口へ向かう庭は緑ゆたかで、ゆりやあじさいがどこかしこに咲いていました。



写真のちょうど真ん中あたり。
窓ガラスの向こう側に鮮やかな色が見えるでしょうか。あのあたりで、女神ナナが逆立ちをしているんですよ。
f0236873_109105.jpg


想像は実在する。ニキの言葉です。
ここは想像が実在している場所でした。
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-08-03 09:47 | 美術館