<< たび ドイツの本事情 >>

ドレスデンの歴史

『ドレスデン逍遥』
f0236873_2132717.jpgきづくと最後の更新から2ヶ月もたっていて、自分でもびっくりしています。
前回のドイツ話につづいて、こんどはドイツにあるドレスデンという町を紹介するエッセイです。
今度訪れようと計画中なのですが、大きな町ではないようで、詳細なガイドブックが見当たらないところ、手にしてみた1冊です。

歴史的建造物が立ち並ぶイメージですが、実のところこの町は1945年2月13日に大空襲をうけ、町のほとんどが壊滅。現在のこる旧市街の町並みは、戦後に再現されたものです。

本書は大空襲のことから語りはじめます。当時の資料や証言をまじえながら、細かい情景描写とともに、その日何が起こったのか解き明かしていきます。いかに効率よく滅ぼすか徹底的な研究にもとづいた方法で、たやすく実行されてしまった残酷さが、この町の印象として強烈に記憶に残りました。

その後、いまに残る礎を築いたアウグスト強王のこと、強王の長年の寵愛をうけたコーゼル婦人のこと、聖母教会の石で作られたドームが生み出されるまでの物語などが続きます。著者の解釈もふんだんに盛り込まれたエピソードは、人の心のうちに迫まろうとする鋭さがあっておもしろかったです。

ちょっとした歴史を知って、見えないものをのぞき見ながら、ドレスデンの町歩きを楽しめたらいいなと思います。
[PR]
by iftuhsimsim | 2011-06-21 02:36 | 渡り鳥の読書
<< たび ドイツの本事情 >>