<< 考えて考えて考える エジプトの行方 >>

おさるのジョージ

Curious George
f0236873_1253251.jpg
何でも知りたがりなせいで騒ぎが起こり、ジョージの周りはいつもにぎやかです。
そして何をやらかそうが、いつも愛くるしい。

ジョージ・シリーズはたくさん出ていますが、いわゆるオリジナルと呼ばれているのは7冊です。そして栄えある第一作目がこの“Curious George”。

森でジョージをみつけた人間が町につれ帰り、ジョージは町をうろちょろしているうち動物園にたどりつく。最後に、動物園はジョージが暮らすのに最高の場所!といっておしまいです。
最後のページをめくるまでは楽しんでいたのですが、このストーリー展開になんだか違和感を感じてしまうのはわたしだけ?? 動物園は好きだけど、「最高の場所」はやはり森ではなかろうか。

英語では朗読CDが販売されていて、楽しげな雰囲気の録音が気に入っています。
[PR]
by iftuhsimsim | 2011-02-19 01:32 | 児童書
<< 考えて考えて考える エジプトの行方 >>