<< 五感の本展 アヴァンギャルド >>

のら

『のら犬・のら猫』
f0236873_154399.jpg前回につづき鴨居羊子のエッセイ集です。
展覧会で鴨居羊子の絵を観て興味ひかれたモチーフに「動物」がありました。とりわけ犬や猫。
1枚2枚観た程度では分からなかったかもしれませんが、5枚6枚、9枚10枚と観ていくうち、彼女の動物に対する思いがちょっと普通ではないことに気づきます。
カワイイとかスキという域をはるかに超えています。

街の角で彼らに行き交い、親しく話し合い、そして別れるという人間と動物の交わりは、いつも対等で平等で愉快である。

鴨居さんには会社の行き帰りにいつも気にかけている野良の犬や猫たちがいました。
「友達であり、同士であり、家来であり兄弟」
そんなまなざしの持ち主が書いたこの本の中では、動物たちはみな表情が豊かで、にんまりと笑ったりしています。犬なのに小さいながらに女らしさを持っていたり、哲学者の面持ちをしていたり。
                            まるで人間のよう!

昭和のはじめの頃は野良が多くいた時代で、犬捕り犬殺しが盛んに行われていました。
社会の秩序を保つために。
それは文化的な行為なのか?という彼女の言葉には怒りと哀しみと失望がありました。
仲良しだった犬たちも捕まり、事故や病気で動物たちは次々と死んでいきます。
生きている鴨居さんはときにはラブレターのように、ときには涙にぬれながら、けものたちとの日々を書き溜めていきました。

野良がすきなのは、自活して生きる彼らとしか話せないことがあったからなのでしょう。
物理的な距離ではなく、心の距離で関係を測ります。
だから目の前から消え去った動物たちのことを想いつづけ、目の前にいる動物たちを飼い慣らそうとか支配しようとはしません。

動物と仲良くなるためには秘訣があって、まずわざと相手を見ないのです。逆に相手に自分を観察させ、自分にスキを作ります。そうすると動物たちの恐怖感や疑念が薄らいでいくそうです。f0236873_10113871.jpg
動物には、人間と違って何の言い訳もごまかしも通用しないし、
彼らの拒否には絶対的なところがあります。
だからこそ魂が触れ合ったときのよろこびといったら・・・

「わたしのものよ!」
[PR]
by iftuhsimsim | 2010-07-02 09:39 | 渡り鳥の読書
<< 五感の本展 アヴァンギャルド >>